WordPressなら簡単ってホント?その2

WordPressなら簡単ってホント?その1
で述べた管理項目について、詳しく説明していきます。

1.WordPressの更新

WordPress 本体のバージョンアップ。
WordPress の管理画面から、ボタン一つで実行できます。
WordPress 本体の自動更新機能が有効になっていれば、自動で更新されます。
更新作業自体は、難しくありません。
セキュリティの観点から、常に最新の状態にアップデートしておく事をおススメします。

2.プラグインの更新

利用中の各プラグインのバージョンアップ。
WordPress の管理画面から、ボタン一つで実行できます。
プラグイン同士の競合などの問題が無ければ、更新作業自体は難しくありません。
セキュリティの観点から、常に最新の状態にアップデートしておく事をおススメします。

3.webデータのバックアップ

webサーバー上にある、データのバックアップ。
もしもの時の為に、定期的なバックアップをおススメします。
特に、wp-content / uploads ファイルと、wp-content / themes / ○○○(現在使用しているテーマ名) ファイルは、サイトの復元に必須です。
通常は、webサーバーに接続し、データをダウンロードします。
プラグインを利用すれば、ボタン一つ、又は自動で、ダウンロード、サーバーにコピーを残すなどが可能です。

4.データベースデータのバックアップ

WordPress は、データベースシステムとして、通常はMySQLを使用します。
MySQLデータのバックアップ。
もしもの時の為に、定期的なバックアップをおススメします。
通常は、webサーバーのMySQL管理画面から、データをダウンロードします。
プラグインを利用すれば、ボタン一つ、又は自動で、ダウンロード、サーバーにコピーを残すなどが可能です。

5.webサーバーの管理

webサーバー、ドメインの契約・支払いの管理・サーバーの各種設定。
webサーバー、ドメインの契約・支払いの管理については、更新日が近づけば契約サーバーから連絡が届きます。
各種設定については、開設当初に設定してしまえばその後変更することはあまりないと思いますので、ほぼ問題はないでしょう

6.PHPの更新

webサーバのPHPのバージョンの管理。
通常はレンタルサーバーの管理画面から行います。
サーバーの仕様や機能によって、利用できるバージョンも手順も様々。設定方法も違います。
しかも、WordPress の本体やプラグインのバージョンにも関係する項目です。
適切に対処できなければ、サイトが表示されないなど、エラーを引き起こす場合もあります。

7.データベースシステムの更新

通常は、データベースシステムとして、MySQLを使用します。
webサーバのMySQL のバージョンアップ。
WordPress の本体やプラグインにも関係する項目です。
通常はレンタルサーバーの管理画面から行います。
サーバーの仕様や機能によって、利用できるバージョンも手順も様々。設定方法も違います。
適切に対処できなければ、サイトが表示されないなど、エラーを引き起こす場合もあります。

 

サイトにエラーが表示されたり、サイト自体がうまく表示されないなど、大きな問題を引き起こす原因となり得るのは、上記です。
PHP や MySQL のバージョンアップでは、その動作やセキュリティ問題にに対応するため、大幅な変更を伴う場合があります。
その変更に対処できない、古いバージョンのテーマやプラグインを利用していた場合など、サイトにエラーが表示されたり、特定の機能に不具合が発生する場合があります。

WordPress で構築したサイトを、本当に安全に維持・管理していくためには、WordPress の仕組みについてはもちろん、PHP、データベース、webサーバーなど、いろいろな知識が必要だと思います。
何度も言いますが、
WordPress を常に安全な状態で維持・管理する事は、簡単じゃない!!と思うのです。

私が過去に遭遇した不具合について、原因や対処法など、今後の記事で掲載していきたいと思います。

WordPressなら簡単ってホント?その1

2007年には日本版が用意され、日本でも本格的に活用されるようになった WordPress。
私が WordPress に出会ったのも、ちょうどその頃です。
以来、いくつもの WordPress サイトの構築を経験させていただきました。
もちろん、このサイトも WordPress で構築しています。
そんな私から、ちょっとアドバイス。

サイト管理が簡単ってホント?

正直に申し上げますと…
初期のサイト構築、記事の投稿や編集、メニューやサイドバーのコンテンツの編集、テーマの変更など、見た目の変更や編集はカンタンです。
インストールも、WordPress の自動インストールという機能を持ったレンタルサーバーが増える中、「ボタン1つで」とか、「ドラッグ&ドロップで」とかで出来ます。
本当に簡単!

でも…
WordPress を常に安全な状態で維持・管理する事は、簡単じゃない!!

 

まず、WordPress でサイトを構築するには、2つの方法があります。

  1. WordPress.com を利用する。
  2. ご自身でwebサーバーを用意する(レンタルサーバーなど)。

AWordPress.com を利用する場合は、サーバーの設定や各種ソフトウェアのバージョンも、WordPress.com 側で管理してくれるので、さほど問題はないと思います。
あるとすれば、プラグイン同士の競合や、古いバージョンのプラグインによる不具合程度でしょうか。

私が、安全に維持・管理する事は、簡単じゃない!!というのは、(個人や中小企業のサイトでは、ほとんどがこのケースだと思うのですが…)Bの、ご自身でwebサーバーを用意する場合です。

以下は、WordPress で構築したサイトを、安全に維持・管理するために、最低限必要な管理項目です。

  1. WordPressの更新
  2. プラグインの更新
  3. webデータのバックアップ
  4. データベースデータのバックアップ
  5. webサーバーの管理
  6. PHPの更新
  7. データベースシステムの更新

それぞれについて、詳しくは、後ほどの記事で説明します。
が、まず、上記の管理項目を見て、
「何のことか、意味わからん!」と思った方。
若しくは、
そもそも、「サーバーの管理画面のパスワード、何だったっけ?」
という方は、頼れるweb業者さんに、WordPress の維持・管理を依頼されることをおススメします。

「WordPress 本体を更新したら、サイトが真っ白になった!」
とか
「プラグインを更新したら、Warning!って英語がたくさん並んでる!」
とか、
「サーバーのPHPのバージョンを変更したら、コンテンツ部分が消えた!」
的なエラーに遭遇した経験をお持ちの方も、少なくないと思いますよ。

特にここ最近、PHP7の登場、MySQLの古いバージョンからの切り替えなど、各レンタルサーバーでもバージョンアップの動き進んでいます。
数年前に WordPress を設置したまま更新していないサイトや、何年も更新されていないプラグインを使っている場合は、要注意!
PHP7.1では、大きな変更もありましたので、古いプラグインは動かなくなるケースもあります。

ご自身で修正が出来る場合は良いのですが、修正出来ない場合は、web作成業者さんに修正してもらわなくてはいけませんね。
そんな時のために、ただサイトを作成するだけではなく、メンテナンスにも対応してくれるweb作成業者さんを選ぶことをお勧めします。

WordPressでホームページ制作 WordPressとは

WordPressとは

簡単にまとめると、難しいソースコードなど技術的な知識がなくても、webサイトの管理や更新が出来るソフトウェアです。

web上の管理画面から、記事を投稿・編集したり、メニューを変更したり、テンプレート(WordPressでは「テーマ」といいます)を変更することが出来ます。
fc2やアメブロなど、web上のブログサービスと似ていますね。

2003年5月、ブログを作成するオープンソースのソフトウェアとして公開されました。
現在では、ブログだけではなく様々なwebコンテンツを作成・管理するCMS(コンテンツ・マネージング・システム)として、利用され、個人のブログに限らず、企業サイト、ECサイト、会員制サイト、口コミサイトなど、様々な場面で活用されています。

2005年にリリースされた WordPress 1.5で既に日本語訳があるようですが、日本で本格的に WordPress が使われるようになったのは、2007年9月、WordPress 2.3 日本語版がリリースされた頃からです。

Q-SuccessのサイトW3Techs.com (https://w3techs.com/) の発表によると、2018年3月12日時点で、CMSだけでみれば、WordPress のシェア率は 60.2% に達したとの事。
これは、全世界のwebサイトの 30.2% にあたります。

オープンソースであるがゆえに、世界中の技術者がその開発・改良に参加し、幾度ものバージョンアップを経てきました。
そして現在もなお、バージョンアップを続け、より便利に使い易く、進化し続けています。

webのチカラ 「届けたいと思う人に、きちんと届ける」

年初めに宣言しました。
『今年は「伝える」人になる。』

 ICTの楽しさと必要性・今とこれから。
 便利に使うだけじゃない、必要な時にきちんと使う活用法。
 必要と感じている方に、きちんと「伝える」。

 知りたいと思っても、その機会が無いと感じている方も多いはず。
 きっと、届いていない情報がたくさんあるのね。
 届ける方法と見つける方法を、しっかり「伝える」。

…というわけで、ブログを始めました!
webでの情報発信は、オモイを届ける方法のひとつです。
 「webのチカラを知って欲しい。」
 「ICTの楽しさを知って欲しい。」
私のオモイ、届けたいと思う人に、きちんと届ける。
探している人、まだ見つけられないでいる人に、しっかり届ける。

因みに…
前年までは、「IT(Information Technology)活用」という言葉を使いました。
今年からは、「ICT(Information and Comunicaion Technology )活用」という言葉に替えますね。
なぜって?
海外では、「ICT」というのが一般的なんだって。
でもって、最近では行政も「ICT」って使っている様子だから。
そのうち、全ての場で「ICT」に変わっていくでしょう。