Google サードパーティCookie 完全廃止へ


https://japan.googleblog.com/2021/03/a-more-privacy-first-web.html

Google が Chrome におけるサードパーティCookieのサポート終了を発表。

Google ついに Chrome におけるサードパーティCookieのサポート終了を発表しました。
「今後2年以内に段階的に」と表現されていましたが、明確に、サポート終了を表明しました。

個別識別子を使わず、関心対象のグループとして捉え、効果測定を可能にする新技術、プライバシー サンドボックス技術( FLoC )も、4月にはChrome でテスト提供開始を計画しているようです。
Chrome の次期バージョンで、用意されるのではないかと思います。
Safari、Apple に遅れをとった感のGoogle でしたが、ここにきて「Cookie完全廃止」をより早く進めることによって、ユーザーの信頼を取り戻し、webの将来を守る立場であることを、強く強調してきましたね。

プライバシー サンドボックス技術( FLoC )について

プライバシー サンドボックス技術( FLoC )について、簡単に分かりやすく解説。

ファーストパーティCookie
「この人がここに来て、あれ見てこれ見て。」
は従来どおり可能です。

サードパーティCookie
「この人、あっち行って、こっち行って、そっちも行った。」
はできなくなります。

その代わりに、「プライバシー サンドボックス」という技術を使います。

プライバシー サンドボックス
「この人と同じ傾向の人は、あっち行ったりこっち行ったり、あれとかこれとか見てるみたいよ」
を積み重ねて、興味が同じ人をグループ分けをする。

従来の個人行動ベースから、興味グループの行動ベースに

個人を特定しその行動に基づいて、個人の興味に焦点を置いた従来の「Cookie ベース広告」
対して、似た興味を持つ人々をグループ化し、興味グループの動向に基づいて、より興味や趣向に焦点を置いた「インタレストベース広告」は、より興味を持った人に届く広告として、効果を出せる可能性があると考えられています。


今までCookie に頼った追跡サービスを提供していた広告業界も、変化の時。
更なる新しい技術が生まれ、新しいサービスが誕生する時代に突入しました。
無料で自由でオープンなwebの世界が広がることを、楽しみに。


関連記事

©Oz-style